ホテリエ

お客様のドラマを彩る、
ホテリエたち

ホテルグランヴィア大阪のスタッフによる、
コンクールやコンテスト実績をご紹介いたします。

Chef / Patissier

  • 調理部 宴会 川本善広 ( かわもと よしひろ)

    調理部 宴会 川本善広 かわもと よしひろ

    第48回 「ル・テタンジェ」国際料理賞コンクール
    日本大会 優勝 / 世界大会 第3位

    当ホテル 調理部 宴会 川本善広(かわもと よしひろ)は、
    2014年9月に東京で行われた「第48回<ル・テタンジェ>
    国際料理賞コンクール・ジャポン」において優勝し、
    その後日本代表として臨んだフランス・パリでの世界大会で、第3位を獲得しました。

    初の国際大会で3位を獲得
    初の国際大会で3位を獲得

    コンクール前夜に法廷執行官から発表される課題料理を含め、2品を5時間で仕上げる実技審査に挑み、川本は「(課題食材であった)ジビエの美味しさを引き出した」という評価を得、自身初となる国際大会で3位を獲得しました。

    〈 ル・テタンジェ 国際料理賞コンクールについて〉
    このコンクールは、伝統ある国際大会のひとつで、歴代の優勝者にはジョエル・ロブションをはじめとした有名シェフが名を連ねるなど、世界の若手フランス料理人の登龍門として名高いものです。
    パリでの世界大会では、日本大会優勝の川本のほか、フランス、スイス、ベルギー、オランダ各国で選ばれた6名が出場しました。

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2006年 JRホテルズグループ料理コンテスト 準優勝
    2008年 大阪司厨士協会料理コンクール 4位入賞
    2010年 第5回エスコフィエフランス料理コンクール決勝 ファイナリスト
    2012年 第46回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン2012 準優勝
    2013年 第47回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン2013 3位
    2014年 第48回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン2014 優勝
    2014年 第48回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・インターナショナル 3位

  • フレンチレストラン「フルーヴ」シェフ 塩貝龍太 ( しおがいりゅうた)

    フレンチレストラン「フルーヴ」シェフ 塩貝龍太 しおがいりゅうた

    2020年 第25回世界料理オリンピック 銀メダル

    当ホテル フレンチレストラン「フルーヴ」 塩貝龍太(しおがい りゅうた)は、
    2020年2月にドイツで行われた「第25回世界料理オリンピック」において、銀メダルを獲得しました。

    日本を世界に発信する一品
    日本を世界に発信する一品

    日本の食材を使って日本から発信するフランス料理をテーマにメニューを考案。
    タパスには日本の四季をイメージした料理を、コース料理はフランス料理をジャパニーズクラシックモダンにアレンジしました。


    〈4年に一度の料理の祭典 世界料理オリンピックについて〉
    「世界料理オリンピック」はドイツシェフ協会により4年に一度ドイツ国内で開催される世界最大規模の料理大会です。1900年に開催された第1回大会から100年以上の歴史を誇り、西洋料理を極める競技大会の最高峰と位置づけられています。

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2004年 大阪司厨士協会料理コンクール 21世紀協会会長賞
    2004年 大阪司厨士協会料理コンクール トックブランシュ協会会長賞
    2005年 大阪司厨士協会料理コンクール 21世紀協会会長賞
    2005年 オージービーフ料理コンクール 第2位
    2006年 アンダルシア料理コンクール 外務大臣賞
    2003年 キリクリームチーズデザートコンクール アシェット部門3位
    2003年 カリフォルニアレーズン料理&デザートコンクール 洋食部門賞
    2004年 キリクリームチーズデザートコンクール アシェット部門1位
    2004年 カリフォルニアレーズン料理&デザートコンクール リピーター賞
    2004年 ボキューズドール料理コンクール 国内ファイナル入賞
    2005年 FFCC料理コンクール‘ジャンシリンジャー杯’ 国内ファイナル入賞
    2006年 ボキューズドール料理コンクール 国内セミファイナル入賞
    2010年 ピエールテタンジェ国際料理コンクール 国内ファイナル入賞
    2013年 ボキューズドール料理コンクール 国内決勝 準優勝
    2015年 ボキューズドール料理コンクール 日本国内予選決勝ファイナリスト
    2020年 第25回世界料理オリンピック 銀メダル

  • イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」係長 岸本一完 ( きしもと かずひろ)

    イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」係長 岸本一完 きしもと かずひろ

    第2回パテ・クルート世界選手権
    アジア大会 優勝

    当ホテル  イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」係長  岸本一完(きしもと かずひろ)は、
    2016年5月に東京で行われた「第2回 パテ・クルート世界選手権アジア大会」で、第1位を獲得しました。

    6日間をかけて仕上げた渾身の作品
    6日間をかけて仕上げた渾身の作品

    鴨肉や仔牛、フォアグラなど様々な食材を使用し、それぞれに合わせた火加減でバランスよく焼き上げました。 さらに、6日間かけて仕上げる生地には香ばしいきのこの香りをつけ、ファルスの旨みを引き立てる、といった工夫も施しています。この作品で、岸本は様々な素材を生かした味のバランスや火加減といった調理技術の高さと、テーマに沿った森林をイメージさせるきのこの風味を存分に活かしたことが評価されました。

    〈パテ・クルート世界選手権アジア大会について〉
    肉や魚などの具材を細かく刻み、ペースト状やムース状に練り上げたフランス料理「パテ」をパイで包んで仕上げるメニュー「パテ・アン・クルート」を課題に、一品の完成度を競う専門性の高い大会です。

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2004年 食博覧会西洋料理コンテスト 銅賞
    2006年 大阪司厨士協会料理コンクール 3位
    2009年 大阪司厨士協会料理コンクール 優勝
    2009年 JRホテルズグループ料理コンテスト 入賞
    2010年 メートル・キュイジニエ・ド・フランス ジャンシリンジャー杯 準決勝
    2013年 第11回JRホテルグループ料理コンテスト 優勝
    2015年 第49回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン2015 3位
    2015年 FFCC料理コンクール‘ジャンシリンジャー杯’ 準決勝 1位
    2015年 FFCC料理コンクール‘ジャンシリンジャー杯’ 決勝5位
    2016年 第2回 パテ・クルート世界選手権アジア大会 優勝

  • イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」主任 幡川未佳 ( はたかわ みか)

    イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」主任 幡川未佳 はたかわ みか

    2016年 第14回JRホテルグループ料理コンテスト 第3位

    当ホテル イタリアンキッチン「ヴェルデ カッサ」主任   幡川未佳(はたかわ みか)は、
    2016年8月に東京で行われた「第14回JRホテルグループ 料理コンテスト」において、第3位を獲得しました。

    女性料理人として、さらにがんばっていきたい
    女性料理人として、さらにがんばっていきたい

    ミンチ状にしたシャモロックやレバー、シャモロックの胸肉やフォアグラ、ポルト酒のジュレを重ね、キッシュで覆った一品を作り上げました。個性のある素材に添えたのは、茸香るクリームソース。“キリッとした感じに仕上げたかった”という狙いで、仕上げにマデラ酒を少しだけきかせたソースを合わせました。
    総合的なバランスの良さが評価されたこの一品で、幡川は前回の5位から、今回女性最上位となる第3位へと飛躍をとげました。

    〈JRホテルグループ 料理コンテストについて〉
    この料理コンテストは、若手スタッフの調理スキル向上などを目的に実施しているもので、北海道から九州まで全国のJRホテルグループ各社から選抜された代表者が挑戦しています。過去の優勝者にはこれをステップとして著名なフランス料理コンクールに挑戦し結果を残すなど、若手料理人の登竜門ともいえる大会となっています。

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2015年 第13回JRホテルグループ  料理コンテスト 5位
    2016年 第14回JRホテルグループ  料理コンテスト 3位

  • チーフパティシエ 市原健太郎 ( いちはら けんたろう)

    チーフパティシエ 市原健太郎 いちはら けんたろう

    2020年 第1回 DLAショコラ アレンジレシピコンクール
    アシェットデセール部門 最優秀賞

    チーフパティシエの市原健太郎は、2020年 「DLA naturals オリジナルレシピコンクール」
    アシェットデセール部門において優秀賞を受賞しました。

    DLA カカオの極み
    DLA カカオの極み

    【DLAナチュラルズ チョコレートオリジナルレシピコンテスト 優秀賞】
    カカオを表現した作品。
    DLAチョコレートを使用し、カカオのフルーティーさとメレンゲの食感を楽しめる特別なアシェットデセールです。

    〈DLAナチュラルズ チョコレートオリジナルレシピコンテストについて〉
    2020年6月に、DLA naturals(ディー エル エー ナチュラルズ)の新商品4種類のチョコレートを使用したオリジナルレシピのコンクールが開催され、「生菓子」「焼き菓子・半生菓子」「ボンボンショコラ」「アシェットデセール」の4部門全202作品中、20品の優秀作品が選出されました。

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2013年 第7回アシエット デセール・コンテスト 準優勝
    2014年 第1回 JR西日本ホテルズパテシエコンテスト 準優勝
    2014年 ROLL-1 グランプリ / 第3回スイーツコンテスト 準優勝
    2017年 第11回グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト 3位
    2019年 第13回グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト 優勝
    2019年 第14回クインビーガーデン メープルスイーツコンテスト グランプリ(最優秀賞)
    2020年 第1回 DLAショコラ アレンジレシピコンクール アシェットデセール部門 優秀賞
    2020年 大阪府洋菓子コンクール 優良賞

  • パティシエ 藤野みさと (ふじの みさと)

    パティシエ 藤野みさとふじの みさと

    第12回 「キリ クリームチーズ コンクール2015」
    ジュニア部門 優勝

    パティシエ藤野 みさとは、
    2015年8月に開催された「第12回キリ クリームチーズ コンクール」ジュニア部門において最優秀賞を受賞しました。

    入社直後の快挙
    入社直後の快挙

    受賞ケーキ「Mellow(メロー)」は、サクサクのサブレにスポンジや白桃のピューレ、キリクリームチーズを使ったムースをのせ、表面に艶感のある桃のジェリフィエ(ジュレ)をかけ仕上げた作品です。他にもマッシュポテトなど様々な味わいをひとつのケーキにまとめたバランス感覚が審査員の評価をうけました。

    〈キリ クリームチーズ コンクールとは〉
    クリームチーズで知られる「キリ」社が主催するもので、ホテルパティシエなどプロフェッショナルを対象とした製菓コンクールです。
    第12回コンクールは「生菓子」「焼菓子」「ファクトリー」「ジュニア」の4部門で行われました。応募作品全119品の中から、第1次の書類審査を通過した20作品が最終審査へと駒を進め、最終実技審査において、各部門の最優秀賞、銀賞、銅賞それぞれ1作品が決定したものです。
     

    過去のコンクール受賞歴
    過去のコンクール受賞歴

    2015年 第12回 キリ クリームチーズ コンクール 優勝
    2019年 ジャパンケーキショー 飴細工部門 金賞

Service

  •  Service ( サービス資格保有者)

    Service サービス資格保有者

    ホテルレストランサービス技能検定 1級 51名

    当ホテルは業界でもトップクラスの資格所有者数を誇ります。
    お客様により快適にお過ごしいただくため、豊富な知識を元に品質の高いサービスをご提供いたします。

    主なサービス資格保有者数
    主なサービス資格保有者数

    ・ホテルレストランサービス技能検定(1級 51名・2級・3級)
    ・テーブルマナー講師
    ・ホテルバーメン(マスター/シニア/ジュニア)

  •  Sommelier ( ソムリエ)

    Sommelier ソムリエ

    シニアソムリエ / ソムリエ  17名

    当ホテルは業界でもトップクラスの資格所有者数を誇ります。
    お客様により快適にお過ごしいただくため、豊富な知識を元に品質の高いサービスをご提供いたします。

    ソムリエ・利き酒師等資格保有者数
    ソムリエ・利き酒師等資格保有者数

    ・シニアソムリエ、ソムリエ 17名
    ・利き酒師 25名
    ・焼酎アドバイザー 16名

ページの先頭へ戻る